大阪駅についた
僕は大阪環状線で
天王寺へ向かいました

1.墓参____

墓参とありますが、
実際には墓石の墓に
参るのではなく

集められた遺骨
から造られた
骨仏を
拝みに行くのです

母方の先祖がそこに
います。

なぜ、そこまで
熱心なのか?

まあ、宗教的な
ことが好きなせいも
ありますけど

自分が逝ったら
この寺で骨仏に
なりたいと
思っている
からです

僕は結婚していません
(したかったけど
できませんでした)

子供もいませんし
親戚づきあいも希薄です

こんな状況で、
父方の実家にある墓に
入っても、意味があり
ません。誰もお参り
に来ません。

僕がかつて生きていた、
この世に存在して
いたことすら
誰にも知られないまま
寂しい墓標だけが
あるという事態に
なるでしょう。

しかも、墓を管理して
いるお寺自体も
檀家が減り
後継ぎにも恵まれず

こんな時代に
お布施額、祈祷料
を値上げしたりして
いるのです。

それで、最近、
葬式があっても
坊主を呼んで
親族知人友人が
たくさん集まり
豪勢にやらない
家庭が増えた
ようなのです。

その結果、
廃寺になったり
墓場が荒れ放題という
ことになりかねない
状況になっている
のです。

これでは
無縁仏になる
のと大差あり
ませんよね。

ならば、こういう所で
骨仏になって、見ず知らず
ではありながら、
通りすがりの人
を含めた多くの
人にお参りしていただ
いた方がいいとは
思いませんか?

こういうお寺は別に
大阪だけじゃありません
全国にあります

しかも、墓石を建てない
葬送はさまざまな
種類ができている
ようです

樹木葬、海への散骨
ビルの中の金庫のような
ところに保管・・
などいろいろな種類
が無数にあります。

しかし、こういうものは
たいていは
最近のトレンドを
取り入れた「ビジネス」
なんです

だから、料金はすごく
高く、ボッタくりも
少なくありません。

この寺も経営上
タダというわけには
いかず、それなりの
金額は必要ですが

歴史があるため、
ボッタクリ業者ほどは
高くはないと思います

1185年建立で
江戸時代ぐらいから
納骨する人がいたため
こういうことをする
ようになったとの事です。

江戸時代の人骨と
明治時代の人骨を
集めて、第1体目の骨仏が
1887年(明治20年)に完成
したということです

日本が景気良かった頃
は高価な墓石の墓
にお参りするのが
良しとされてましたから

こういうことを人に話すと
昔は物珍しく、変わった寺
のように思われた
ものです。

骨仏を造るのは
浄土宗という宗教の
思想上の理由も
大きいでしょうね

(寺への納骨については
宗派宗教問われず)

ここまで書くと
(ははーん、あの寺か)と
気づいている人はいるでしょう

知ってる人は知ってる寺
なのですが

寺の名前を出さないのは
宣伝したくないからです

この寺、昨年、
受け入れ制限を出して
しまいました

最近、あまりにも
申込者多い
ためでしょうね

すでに墓じまい
の骨は受け付けて
ませんよ。

ただ、今どきの
トレンドだけに
流されて
墓じまいをしたり
墓石のない
終活をする必然性
は感じません。

金ある人は
そんなこと
する必要はない
それだけです

コドクシする人
無縁仏予定の人の
行き場がなくなって
しまうだけです。

普通以上の人なら
お金もたくさん持ってる
し、大卒、正社員で
年金もたっぷりで
逝くまで安定、
結婚してて
子供もいるのですから

ちゃんと高価な墓石
建てて、お坊さんに
祈祷させ、子孫に
お参りさせてあげて
ほしいものです。

子孫が嫌だというなら

高価な墓石に定期的
にお参りすることを
条件として、
莫大な財産を
子孫に相続すれば
いいだけの話ですよ。

遺言状に書いて
おきましょう。

2.四天王寺____

四天王寺にも
行ってきました

極楽門(西門)
IMGP0352.jpg

朝早かったので
入れないところが
多数あり

六時礼讃堂
(薬師如来、四天王像
安置、重要文化財)

だけ、お参りして
きました

六時礼讃堂
IMGP0354.jpg

あと、四天王寺境内に
無縁仏を祀っている
ところがありました

写真を撮ろうと思い
ましたが、何か
低級霊が写りそうな
雰囲気なので
やめましたが

賽の河原のように
石碑(墓石)が
積み上げられて
いる場所があるのです

これは
安政の大地震(1854)
(安政東・南海地震
安政江戸地震
など、大地震が
連発した時期の
地震群の呼称)

で亡くなった人を
供養するための
ものです

天王寺の付近は
夕陽丘(ゆうひがおか)
という地名にもある
ように、高台
(上町台地)
だったので、低地で
津波にのまれ、
亡くなった人などを
供養してきた、という
ことでしょうか

こういう無縁仏を収容して
供養できるなら

今の世、これからの世で
貧乏でコドクシした
無縁仏を収容して
供養してくれない
ものでしょうかね

四天王寺さん
スポンサーサイト



NEXT Entry
帰省4 (あいりん編)
NEW Topics
無職 98日目(日々是好日)
自己満足(昭和の古習)
無職 97日目(買い物)
無職 96日目(散歩ほか)
無職 95日目(散歩ほか)
プロフィール

五大

Author:五大
現在、無職の内向型人間。昭和後期生まれ。
日々感じたことや、思い出などを書いてゆきます。

カレンダー
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
過去ログ 
フリーエリア


                                                 にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

Page Top